比較人文学研究室

研究室の最新情報について

比較人文学研究室に関する最新情報(合同演習・各種研究会など)は,随時研究室ブログにてお知らせしております。
研究室ブログ(*別窓表示)




比較人文学先端研究特別演習公開研究集会(クリスマス研究会)を以下の通り開催いたします。

『中世音楽・音声の世界像』 チラシはこちら(*別窓表示)

=== 12月22日(土) ===
11:50〜12:00 挨拶
12:00〜16:00(途中小休憩あり)
・猪瀬千尋(名古屋大学大学院博士課程後期 /日本学術振興会特別研究員)
  王権は夢想する―後白河法皇の身体と音声―

・M・ジャメンツ(京都大学講師)
  宗性書写「普賢講式」をめぐって

・菊地大樹(東京大学史料編纂所准教授)
  中世における如法経供養の展開

・柴佳世乃(千葉大学教授)
  読経の音曲

16:30〜 国立歴史民俗博物館共同研究共同企画
・松尾恒一(国立歴史民俗博物館教授)
  歴博研究映像2011年度制作
  「比婆荒神式年大神楽」上映と解説
  (コメンテーター:ブライアン・ルパート)

=== 12月23日(日) ===
中世音楽史研究の現在
    ―上野学園大学日本音楽史研究所の活動から―

10:00〜12:00
・福島和夫(上野学園大学日本音楽史研究所 所長・特任教授)
  日本音楽史研究の百年

・櫻井利佳(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  法深房藤原孝時について

・中原香苗(神戸学院大学准教授)
  狛氏における家と秘伝の相 ―『竹儛眼集』を中心に―

13:50〜15:25
・三島暁子(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  伏見宮貞成と豊原郷秋

・磯水絵(二松學舍大学教授)
  『源氏物語』の音楽を考える ―『舞楽要録』より―

15:40〜17:45
・新井弘順(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  金沢文庫の声明史料について

・福島和夫
  中世楽人の諸相

18:00〜  懇親パーティ
(サービスルーム、参加費:3,000円(学生:1,500円))




<古事記1300年 大須観音展>
2012年12月1日(土)〜2013年1月14日(月祝) 名古屋市博物館にて開催されます。
・公開シンポジウム「大須文庫・秘密の扉を開く」(12月16日(日)博物館講堂にて開催)
 阿部 泰郎(名古屋大学教授)
 稲葉 伸道(名古屋大学教授)
 上川 通夫(愛知県立大学教授)
 牧野 淳司(明治大学准教授)
 米田真理子(神戸学院大学准教授) ほか
・詳細はこちらのチラシ(*別窓表示)を御覧下さい。

2011年3月に刊行した比較人文学年報第8号をアップロードしました。

研究室へのお問合せ

郵便物の送付先

〒464-8601
名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院文学研究科 比較人文学講座 107研究室

メールアドレス

当研究室のメールアドレスはこちらです。human(@)lit.nagoya-u.ac.jp
  *迷惑メール防止のため、()が付してあります。
なお,メールの内容によっては,即答できない場合があります。

研究室へのアクセス

名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟
詳細はこちらをご参照ください(名古屋大学HP・東山キャンパス地図:地図のJ番)

地下鉄名城線名古屋大学駅下車徒歩5分
→JR名古屋駅・名鉄新名古屋駅・近鉄名古屋駅からの場合
 地下鉄東山線藤が丘行きに乗車し、本山駅で地下鉄名城線右回りに乗り換え、名古屋大学駅下車。
 所要時間約30分 (乗換含)

→JR金山駅・名鉄金山駅からの場合
 地下鉄名城線左回りに乗車し、名古屋大学駅下車。所要時間約25分

研究室のメーリングリストについて

比較人文学講座では、皆様にいち早く研究会などの情報を知っていただくために、メーリングリストへの登録をお願いしております。
また、当講座に興味のある方もご利用ください。比較人文学講座を中心とする情報が送られます。
登録方法は、「hikakujinbungaku_outside-subscribe」の後に「@yahoogroups.jp」をつけたメールアドレスに空メールを送ってください。
その後、自動的に送られてくるメールをそのまま返信することにより、登録完了となります。
(フリーのメーリングリストですので、広告が送られてくる可能性があります)

比較人文学年報

「比較人文学研究年報」は、本研究室で発行している論文集です。
各論文はpdfにてダウンロードしていただけます。

第8号 (No.8) −2011年3月
第7号 (No.7) −2010年3月
第6号 (No.6) −2009年3月
第5号 (No.5) −2007年10月
第4号 (No.4) −2007年3月

*著作権に関するご注意

・閲覧及びダウンロードについては、以下の条件を遵守してください。
 1.調査・研究、教育または学習を目的とすること。
 2.論文を引用する場合は、そのつど著者及び出典を明示すること。
 3.論文の標題・内容の改変、無断転載・配布等を行わないこと。
 4.その他著作権法の規定を遵守すること。
・ダウンロードしたデータの原著論文の著作権は各著者に、編集著作物としての著作権は比較人文学講座に帰属します。
・営利目的での印刷、ダウンロード、配布を禁じます。