main_cht.jpg

活動予定

講演会・フォーラム

第11回高等研究院レクチャー

アフガニスタンの仏教遺跡ーバーミヤーン文化遺産を解き明かす

日時:2018年12月23日 13:00~17:30(開場12:30~)

   定員300名 参加無料[申込不要]

場所:名古屋大学 理学南館 坂田・平田ホール

プログラム:

      総合司会  木俣元一(名古屋大学副総長)

13:00~ 開会の挨拶 周藤芳幸(名古屋大学高等研究院院長)

13:10~ 「大谷探検隊と龍谷大学のアフガニスタン調査」

            入澤 崇(龍谷大学学長)

13:50~ 「名古屋大学のバーミヤーン調査と破壊後の保存修復活動」

            前田耕作(東京藝術大学客員教授)

14:30~ 「バーミヤーンの二大仏と石窟壁画の放射線炭素年代測定」

            中村俊夫(名古屋大学名誉教授)

15:00~ 質疑応答

15:20~ 休憩

15:40~ 「バーミヤーン二大仏とその仏龕天井壁画」

            宮治 昭(名古屋大学・龍谷大学名誉教授)

16:20~ 「シルクロードを結ぶーバーミヤーン、クチャ、敦煌ー」

            岩井俊平(龍谷大学龍谷ミュージアム准教授)

17:00~ 質疑応答

17:20~ 閉会の挨拶 阿部泰郎(名古屋大学大学院人文学研究科付属

                 人類文化遺産テクスト学研究センター)

20181223高等研究院レクチャー.tif

前へ
次へ