本文へジャンプします

概要

トップ » 概要 » 教員紹介(五十音順) » 阿部泰郎

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

阿部泰郎Abe Yasuro

教授 文学修士

Abe Yasuro

1953年,横浜生,和光大学人文学部芸術学科卒業(1976),大谷大学大学院仏教文化専攻修士課程修了(1978),同博士課程単位取得退学(1981),大阪大学文学部助手(1987),大手前女子大学文学部助教授(1990),名古屋大学文学部助教授(1994),同教授(1998),同文学研究科教授(2000)

日本中世の宗教文化を文芸の側から文献学的な方法によって研究している。文学・歴史・美術・宗教思想など,既成の学問諸分野にまたがって,とくに中世の説話・物語,寺社縁起・霊験記,能狂言・歌謡などについて研究すると同時に,それらの基盤となる学問注釈・談義唱導・儀礼故実などを形成伝承する寺社の文献資料(聖教文書)を対象に調査と分析を行っている。目下,名古屋大須の真福寺や京都の仁和寺・勧修寺などの調査と共同研究に携わり,中世寺院がつくりだした知的体系の復原を試みると共に,中世日本の世界像の探究を志している。
比較人文学という,研究科内外の学際的連繋の要となる位置を生かして,先端的研究の高度化を推進する。同時に,その活動を大学院教育と連動させて,院生を各自の問題・関心に応じて調査・研究に参加させることで,文献学の基本を会得しつつ,その経験を生かして,論文作成を目指すよう指導する。

著書

  • 『守覚法親王と仁和寺御流の文献学的研究』勉誠社(1998)
  • 『湯屋の皇后--中世の性と聖なるもの』名古屋大学出版会(1998)
  • 『聖者の推参--中世の声とヲコなるもの』名古屋大学出版会(2001)

PREV | LIST | NEXT