本文へジャンプします

概要

トップ » 概要 » 教員紹介(五十音順) » 稲葉伸道

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

稲葉伸道Inaba Nobumichi

教授 博士(歴史学)

Inaba Nobumichi

1950年生,名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了(1978),日本学術振興会奨励研究員(1979),名古屋大学文学部助手(1980),同講師(1982),同助教授(1987),同教授(1997),同大学院文学研究科教授(2000)

日本中世史担当。中世の国家,社会,文化のしくみを主に寺院社会から解明することを研究の目的としている。これまでの研究活動は(1)寺院史研究(2)国家史研究(3)地方史研究の三分野に分類できる。このうちとくに重要なのは(1)である。これまで興福寺,東大寺,延暦寺などの大寺院の支配構造の解明に力を注いできたが,最近では国家と大寺院との関係,地方寺院と大寺院との関係に関心がある。

著書

  • 『中世寺院の権力構造』岩波書店(1997)
  • 『真福寺善本叢刊』八(古文書集一)臨川書店(共著2000)
  • 『愛知県史』中世一(共著2001)

PREV | LIST | NEXT