本文へジャンプします

概要

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

井上進Inoue Susumu

教授

Inoue Susumu

1955年生,京都大学文学部(史学科東洋史専攻)卒業(1980),同大学院文学研究科修士課程(東洋史専攻)修了(1983),中国政府奨学金留学生(1983-4),京都大学大学院文学研究科博士課程(東洋史専攻)中退(1984),京都大学人文科学研究所東方部助手(1984),三重大学人文学部助教授(1991),名古屋大学文学部助教授(1996),同教授(1998)

中国明清時代の学術史を連続的に,すなわち陽明学から考証学への変遷を一貫した論理で,内在的に把握しようと試みている。近年はこうした学術史の研究から派生した課題として,出版文化史の研究にも取り組んでおり,出版文化史を通じて学術の変遷を探ろうとしている。
学生諸君の指導にあたっては,中国の文献史料を正確,精密に読み解く能力の向上につき,特に意を用いている。また近年の傾向として,問題関心が早くから狭く固定化しがちなように思われるのであるが,これに対しては中国の文物制度につき,できるだけ関心を広げ,幅広い知識を涵養することを目指している。

著書

  • 『顧炎武』白帝社(1994)
  • 『三重県公蔵漢籍目録』三重県図書館協会(1996)
  • 『中国出版文化史』名古屋大学出版会(2002)

PREV | LIST | NEXT