本文へジャンプします

概要

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

釘貫亨Kuginuki Toru

教授 博士(文学)

Kuginuki Toru

1954年生,京都教育大学国文科卒業(1979),東北大学大学院文学研究科国語学専攻博士課程前期修了(1981),同大学院文学研究科国語学博士課程後期中途退学(1982),富山大学人文学部講師(1982),同助教授(1986),名古屋大学文学部助教授(1993),同教授(1997),同大学大学院文学研究科教授(2000)

奈良時代語の音韻史と文法史を言語史学の内的再建の手法を通じて研究している。併せて日本語学史とくに近世以後の日本音声学成立過程に関する学説史を立ち上げるための研究を行っている。最近のテーマは奈良時代語の文法形式リ,タリ,ナリ成立に関わる動詞の構文構造の変遷に注目している。
学説史研究では,「喉音三行弁」論争を軸に展開した近世仮名遣い論の展開をたどって学説史の書き換えを試みている。教育方針としては,院生が自ら建てたテーマを最大限尊重して学界の一線に立ちうる能力の涵養を目指している。

著書

  • 『古代日本語の形態変化』(和泉書院,1996)
  • 「『呵刈葭』論争における上田秋成の依拠学説-礪波今道『喉音用字考』をめぐって-」『国語学』209(国語学会,2002
  • 「奈良時代語述語状態化標識として成立したリ,タリ,ナリ」『国語学』215(国語学会,2003)

PREV | LIST | NEXT