本文へジャンプします

概要

トップ » 概要 » 教員紹介(五十音順) » 岡本耕平

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

岡本耕平Okamoto Kohei

教授 地理学博士

no image

島根県出身
最終学歴 : 名古屋大学文学研究科博士後期課程満期退学

■ 研究紹介
主な研究テーマは「空間認知」「時間地理学」「生活空間論」です。地理的空間、とくに都市空間で人々が日常的にどのように行動し、また空間を認知しているかについて研究しています。現在進行している主な研究プロジェクトは次のとおりです。
・「ハンディキャップ集団による都市空間の認知とナヴィゲーションに関する研究」
  地理学者と心理学者の共同研究。障害者・外国人労働者・高齢者・子どもなどに着目。
・「日中都市における生活活動システムの時間地理学的比較研究」
  日本と中国で収集された活動日誌データを比較。女性の社会進出、高齢化などに着目。
・「地理学的知において視覚情報が果たす役割についての基礎的研究」
  地理学思想史の中で視覚情報がどのように位置づけられてきたかを解明する。
・そのほか「テンプレート翻訳技術を利用した多言語災害情報の提供」「ラオス・ヴィエンチャン近郊村民の日常生活の変化」などのプロジェクトに参加しています。

■ 専門分野
地理学

■ 所属学会
日本地理学会、人文地理学会、経済地理学会、アメリカ地理学会、地理情報システム学会など

■ 研究実績
http://geog.lit.nagoya-u.ac.jp/okamoto/okamoto.html

著書

  • 『中国都市の生活空間-社会構造・ジェンダー・高齢者』 ナカニシヤ出版, 2008年(共著)
  • 『ハンディキャップと都市空間-地理学と心理学の対話』 古今書院, 2006年(共著)
  • 『都市空間における認知と行動』古今書院,2000年.
  • 『都市の空間と時間−生活活動の時間地理学』古今書院,1996年(共著)
  • 『メンタルマップ入門』古今書院,1993年(共著)

PREV | LIST | NEXT