本文へジャンプします

概要

トップ » 概要 » 教員紹介(五十音順) » 嶋田義仁

ここから本文です

教員紹介(五十音順)

嶋田義仁Shimada Yoshihito

教授 博士

Shimada Yoshihito

(Docteur de 3e cycle en ethnologie)(社会科学高等研究院,Paris)1985,京都大学博士(文学) 2000
1949年生,京都大学文学研究科博士課程修了(宗教学専攻),社会科学高等研究院(L'E.H.E.E.S.S)博士課程修了(民族学専攻),澁澤賞(1986),NIRA政策研究・東畑賞(1998),和辻哲郎文化賞(1999),沙漠学会論文賞(2001)を受賞。静岡大学人文学部を経て2000年より現職。

西洋宗教哲学が研究の出発点。しかしこれを相対化するなかでの理解をもとめて日本神話や民俗学,アフリカ民族学と越境し,今また時々西洋宗教哲学に舞い戻っている。研究の柱は以下の三本。(1)アフリカを中心とする乾燥地文化(イスラーム,都市国家形成,牧畜,交易),(2)日本神話,稲作文化研究,(3)人類学,宗教学をふくめた西洋思想の基本構造
学生には深く沈潜することと彷徨うことの二つを求める。

著書

  • 『異次元交換の政治人類学』勁草書房(1993)(研究の(3))
  • 『牧畜イスラーム国家の人類学』 世界思想社(1995)(研究の(1))
  • 『稲作文化の世界観 ー『古事記』神代神話を読むー』平凡社(1998)(研究の(2))(和辻哲郎文化賞)
  • 『優雅なアフリカー 一夫多妻の超多部族のイスラーム王国を生きる ー』明石書店(研究の(1))

PREV | LIST | NEXT