木俣 元一(KIMATA, Motokazu)
I. 略歴
1957年10月    生
1980年3月      名古屋大学文学部哲学科(美学美術史専門)卒業
1982年3月      名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程(美学美術史専門)修了
1982年4月      同上博士後期課程進学
1983年11月    フランス政府給費留学生として、パリ第1大学博士課程中世考古学専攻に留学
1987年4月      パリ第1大学博士課程中世考古学専攻にて博士号取得
1987年5月      名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程中退
1987年5月      名古屋大学文学部美学美術史研究室助手に就任
1991年10月    同上助教授に昇任
2004年4月      同上教授に昇任、現在に至る
 
II. 研究活動の概要
専攻
西洋中世、キリスト教美術史
研究テーマ
    1.    ロマネスク、初期ゴシックにおける建築と彫刻の関係
    2.    ゴシックのステンドグラスにおける物語表現
    3.    キリスト教信仰における視覚的イメージの機能
 
所属学会、役員等その他
美術史学会、日仏美術学会
 
受賞
鹿島美術財団優秀賞(1999)
 
III. 研究業績
博士学位論文(docteur de 3e cycle en archéologie médiévale)
    1.    "Les colonettes ornées du Portail Royal de la cathédrale de Chartres: origines et diffusion d'un motif architectural", doctrat de 3e cycle, 1987, Université de Paris I.
 
著書
    1.    『世界美術全集 第7巻 西欧初期中世の美術』(共著)小学館、1996年、pp.241-252、358-365
    2.    『西洋美術史ハンドブック』(共著)新書館、1997年、pp.26-37
    3.    『西洋美術館』(共著)小学館、1999年、pp.244-247、270-271、276-295、298-307、312-313、332-335、338-347
    4.    『大聖堂物語 ゴシックの建築と美術』(共著)河出書房新社、2000年
 
研究論文
    1.    「シャルトル大聖堂『王の扉口』彫刻群における造形原理に関する試論」『美学美術史研究論集』2(1983)、pp.65-91
    2.    "Les fragments de colonettes sculptées de Saint-Denis"『名古屋大学文学部研究論集』102(1988)、pp.107-124
    3.    「シャルトル大聖堂『王の扉口』装飾円柱」『美術史』(美術史学会編)、125(1989)、pp.1-16
    4.    「天上の王宮の建築家、使徒トマス:13世紀フランスにおける図像表現の展開」『OGIVEオジーヴ 飯田喜四郎博士献呈論文集』飯田喜四郎博士献呈論文集刊行会、1991、pp.53-84
    5.    「シャルトル大聖堂、使徒トマスのステンド・グラス:物語表現の諸相」『インド学・密教学 研究:宮坂宥勝博士古 希記念論文集』法蔵館、1993、pp.1349-1386
    6.    「シャルトル大聖堂のステンド・グラスにおける分節システムとクロノロジー:今後の研究に向けての覚え書き」『名古屋大学文学部研究論集』123(1995)、pp.197-215
    7.    「物語・比喩・寓意 シャルトル大聖堂《放蕩息子の譬え話》の窓」『美術史の軌跡と波紋 辻佐保子先生献呈論文集』中央公論美術出版、1996
    8.    「シャルトル大聖堂のステンド・グラスにおける『寄進者像』の再解釈」『鹿島美術研究』年報第15号別冊(1998)、pp.199-213
    9.    「シャルトル大聖堂のステンドグラスにおける聖像と偶像 1200年前後のカトリック教会とイメージ」『西洋美術 研究』3(2000), pp.34-58
    10.    "Interprétation des sculptures du XIIe siècle à Saint-Arnoult-en-Yvelines", Utilis est lapis in structura: Mélanges offerts à Léon Pressouyre, Paris: Comité des travaux historiques et scientifiques, 2000, pp.25-34
 
研究紹介・書評
    1.    「Pro lectione pictura est? グレゴリウス1世、イメージ、テキスト」『西洋美術研究』(三元社)1(1999)、p.155-163
    2.    M. Schapiro, "Word, Script, and Pictures: Semiotics of Visual Language",『西洋美術研究』(三元社)1(1999)、pp.177-181
    3.    「シャルトル大聖堂のステンドグラスに関する最近の研究」『日仏美術学会会報』(日仏美術学会発行)18(1999)、pp.65-71
    4.    「西欧中世キリスト教美術におけるユダヤ教徒の図像的表象:「ユダヤの帽子」の解釈について」『西洋美術研究』4(2000)、pp.146-150
 
連絡先
    tel/fax; 052-789-2266
    imago@lit.nagoya-u.ac.jp