1.    名前   加藤 靖恵 Kato Yasue

 

2.      担当教科 フランス語文法

フランス文学史(1920世紀文学と戦争)

テクストの詩学(大学院)

 

3.      最終学歴 パリ第3大学 (文学博士)

 

4.      研究テーマ 19世紀末から20世紀の文学作品(特にプルースト)、

小説や詩における絵画の描写の分析   

テクスト生成研究

フランスにおけるラスキン受容

 

5.      所属学会 日本フランス語フランス文学会、 日本プルースト研究会、 日仏美術学会、 日本ラスキン協会、 名古屋市美術館協議会委員

 

6.      受賞歴 特になし

 

7.      主な研究業績 

            著書 『失われた時を求めてにおけるエルスチールの挿話の生成研究』(Etude génétique des épisodes d'Elstir dans A la recherche du temps perdu、駿河台出版社、1998

            以下論文 Préface de Propos de peintre :le manuscrit inconnu et la nouvelle datation,Bulletin d'informations proustiennes』、Presses de l’Ecole normale supérieure, 2000,(「『画家の言葉』序文:知られざる草稿と新たな年代設定」)

            Des arbres imaginaires et le souvenir de la guerre : Serge Wellens, Claude Simon et Shohei Ooka」、『Serge Wellens』、Presses de l’Université d’Angers; 2000,(「想像の木と戦争の記憶:セルジュ・ヴェレンス、クロード・シモンと大岡昇平」)

            Elstir et Corot -- la préface de Proust aux Propos de peintre de Jacques- Emile Blanche」、『Proust et ses peintres』、CRIN, 2000,(「エルスチールとコロー:ジャック=エミール・ブランシュ『画家の言葉』とプルーストによる序文について)

            La chevelure de Gilberte et un dessin de Vinci – la genèse d’Autour de Mme Swann」、『Bulletin Marcel Proust』、Société des amis de Marcel Proust, 2002,(「ジルベルトの髪とダヴィンチのデッサン:『スワン夫人のまわりに』の生成研究」)

            Modern Paintersの芸術概念 « théorétique »« esthétique »」、Gallia, 2006年3月

            「『アミアンの聖書』序文の生成過程プルーストとフランスにおけるラスキン研究 : Milsand, La Sizeranne, Bardoux」、Bulletin d’informations proustiennes, 2006年4月

            共著  『テクストの生理学』、柏木隆雄退職記念論文集編、朝日出版社(「感覚の詩学プルーストとルコント・ド・リール」pp. 515~527)、2008

            「吉田城先生と画家エルスチールのアトリエ」、『流域』61号、青山社、pp. 49-602007

            «  Proust et sa muséologie -- le "musée imaginaire" d'A la recherche du temps perdu », Marcel Proust 6 : Proust sans frontières 1, Minard (la Revue des lettres modernes), septembre, 2007, pp. 65-82.

 

             

授業教材例(平成19年度 名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト経費 成果報告書 より抜粋)http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~lit-fr/manuel.html