研究室ニュース


研究室卒業生の方々に、ご連絡先変更の際のお願い

  もし、ご住所やEメールアドレスのご変更がございましたら、nihonshi★lit.nagoya-u.ac.jp
 (★を@に変えてメールをお送りください)
までご連絡いただけますよう、何とぞよろしくお願い
 致します。いただきました情報は、日本史学研究室にて厳重に管理し、研究室からご案内を
 差し上げる際などに活用させていただきます。


大変長らくお待たせしました。

「ばさら」5号、遂に刊行!!

 

   大変遅くなりましたが、「ばさら」5号が、ようやく刊行の運びとなりました。

   今回も盛りだくさんの内容でお届けしておりますので、ご期待下さい。

   なお、入手をご希望の方は、本研究室までご連絡下さい。(電話:(052)789−2228、E-Mail:nihonshi@lit.nagoya-u.ac.jp )

 

 (目次)

 網野善彦先生を偲ぶ −名古 屋における網野史学の軌跡−

  名古屋大学文学部日本史研 究室・中世史研究会共催「網野先生を偲ぶ会」の記録
                 2005年7月3日 於名古屋大学文学部237講義室

       網 野善彦先生年譜
        網野先生名大講義題目
       網野さんと日本史研究室         三鬼清一郎
       偲ぶことば                  小田雄三
       シンポジウム「名古屋における網野史学の軌跡」
       玉井力  小林保夫  清田善樹  金龍静  笹本正治  高橋公明
       司会 稲葉伸道

 研究論文
   違式詿違条例と民衆教化について        谷口恭子

 研究ノート
  
中世禅宗寺院における喝食について       森綾

 卒業生リレーエッセイ

   [大学教員]
      ちょっとした贅沢                   岸野俊彦
    [高校教員]
      私立高校の教員として              渡辺伸雄
    [自治体史編纂]
      愛知県史編纂事業と当面する課題       原昭午
  [ジャーナリスト]
      巡り合わせて                    田島暁
   [回顧]
      思い出                        仁田紀生 

 研究室の動き
   
2003年度研究室旅行              大澤かほり
  2004年度研究室旅行              西尾佳美
  2005年度研究室旅行              成瀬真奈美

 授業題目
  2004年度〜2005年度

 学位論文題目
  2003年度〜2005年度

 編集後記

  


 名古屋大学日本史学研究室同窓生雑誌会員入会の案内

 1999年10月に日本史学研究室発足50周年を契機として、同窓生の交流、研究発表の場としての雑誌、『ばさら−名古屋大学日本史通信』創刊号 を刊行 しました。

 会員も現在、200名に達し、第5号も無事刊行できましたが、今後の発展を考えますと、さらに多くの卒業生の皆様の御支援が必要です。

 入会の手続は簡単です。研究室の以下の口座に会費をお届け下されば、次号よりお送り致します。

 5号分年会費(前納制) 2000円

 郵便振替口座 00890−4−132987

        日本史学研究室

創刊号・2号・3・4号の残部も多少ありますので、ご希望の方は同様にお申し込みください。

1部(送料込み)2000円です。


 TOPへ  

 HOMEへ