みなさんの中には、哲学をわけのわからない学問と考えている人もいるかもしれません。しかし哲学は、非常に幅広い問題意識と、極めて綿密な思考力を要求する学問です。「知を愛すること」を意味する哲学(philosophy)は、この世界で様々の疑問や問題に直面した人間が、その究極的な解決をどこまでも追求する学問であり、哲学の歴史も、人間のこうした真理探究の歴史にほかなりません。

 当研究室では、この哲学本来の立場を基本としつつ、歴史上の哲学者達が残した原典を読み取き、哲学的思考力を養うことを主眼とした研究・教育活動を行っています。学生は、古代ギリシアから現代に至る哲学の歴史の中から自由に哲学者ないし問題を選んで学ぶことができます。そのためには、英語、ドイツ語、フランス語はもとより、古典ギリシア語やラテン語の素養もある程度必要になります(哲学専攻の学生は、ギリシア語、ラテン語のどちらかの単位が必修となります)。

学部生の数は、例年2年生から4年生まで各学年5名から10名程度です。演習などは比較的少人数で受けられますので、じっくりと納得が行くまで先生に質問したり、討論したりすることができます。学んだ成果は、個別指導や研究発表会を通して練り上げられ、卒業論文にまとめられます。近年の卒業論文では、プラトン、アリストテレス、デカルト、スピノザ、ヒューム、カント、ニーチェ、フッサール、ハイデガー、ベルクソン、ウィトゲンシュタインなどが取り上げられています。 


当研究室では主として西洋哲学の諸問題を研究対象としますが、哲学においては古今東西を問わず同じ問題が異なった形で出て来ているとも考えられますので、哲学の国籍や今昔は重要ではありません。各自が自分に合った哲学者ないし問題を選び、それを突破口として専門的な研究の道に入ればいいのです。たとえば、プラトン研究は現代の科学哲学の研究にもなりうるでしょうし、カント哲学研究は日本の倫理思想研究にもつながるでしょう。この意味では、あらゆる哲学の問題が研究の射程に入ってくるでしょう。当研究室では、それが哲学に関する問題であるかぎりは、何でも自由に勉強できるということなのです。

 当哲学研究室での授業は哲学研究の訓練の場であり、その主たる目的は熟練した知的労働者(専門的な哲学研究者)の養成にあります。実際の授業の場では、古代から現代にいたる西洋哲学の基本的テクストの精読を行い、それを通して哲学の根本問題を自ら考えることを目指しています。当然のことですが、原典を読むために英・独・仏のほかにギリシア語・ラテン語の素養が要求されます。大学院生諸君は、いま述べたような演習・講義に出席し、リポーターになったり討論に加わったりすることによって、自らの哲学的レベルと研究の練度を高めることになります。
 正規の授業の他に、前期課程の院生は修士論文作成に向けて年数回の研究発表をする機会があります。こうした場で教員や他の院生たちと忌憚なく論じあうことによって、またとりわけ関係する教員から個別的な研究指導を受けることによって、論文を仕上げていくことができます。

 後期課程の院生は、単位に関わらず自分の専門に近い授業の幾つかに出席することが要請されています。それ以外に、一年毎に研究成果をまとめたDC認定論文を提出しなくてはなりません。さらに全国学会での発表が強く勧められ、発表の予行演習を兼ねた研究会が適宜もたれています。これらの研究活動が課程博士論文(後期課程入・進学後6年以内に提出)へと収斂されることになるのです。なお、当研究室は中部哲学会、名古屋大学哲学会の二つの事務局となっており、多くの院生がその機関誌に投稿するなど、学会運営に参画しています。

 院生数は、ここ数年コンスタントに10名~15名程度です。出身大学は、東北、関西地方など広範な地域に及びます。近年修士論文のテーマとなった哲学者は、カント、フッサール、デカルト、ウィトゲンシュタイン、アリストテレス、プラトンなどであり、また心身問題をテーマとした学生もいます。

金山弥平(KANAYAMA Yasuhira)

古代ギリシア哲学。
主要対象はソクラテス、プラトン、アリストテレス、ヘレニズム哲学(ストア派、エピクロス派、懐疑派)。とくに認識論、方法論への関心が強く、プラトンの感覚説、仮説法、ピュロン派懐疑主義に焦点をあてて研究を進めてきた。
現在の中心課題は、プラトンの想起説、および新アカデメイアとピュロン派の懐疑主義であるが、将来的にはストア派、エピクロス派の倫理に手を広げたいと思っている。
大学院生の指導にあたっては、内発的思考を重んじるソクラテスの産婆術的方法を重視する。緻密かつ明快であり、しかもテクストに密着した粘り腰の議論を展開できるような能力を養うことを究極目標とする。

1955年生
1977年 京都大学文学部哲学科 (西洋哲学史・古代) 卒業
1979年 同大学大学院文学研究科修士課程哲学専攻(西洋哲学史(古代)) 修士課程修了
1986年 同大学大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻(西洋哲学史・古代) 学修退学
その間(1983-1985) ケンブリッジ大学古典学部大学院Research Student
(1983-1984 British Council Scholarship; 1984-1985 King's College Studentship)
1986年 京都大学文学部研修員
1987年 日本学術振興会特別研究員(京都大学文学部)
1989年 京都大学文学部研修員
1990年 京都大学文学部助手
1992年 名古屋大学文学部助教授
2000年 同大学大学院文学研究科教授

田村均(TAMURA Hitoshi)

現代の哲学的諸問題を,西洋近代哲学の展望の中で検討して行くという姿勢をとる。具体的には,知識や人格や自我といった重要な哲学的問題を,ジョン・ロックやデイヴィド・ヒュームなど英国古典経験論哲学の考え方を生かすかたちで検討している。
西洋文明を同一化すべき模範と見るのではなく,理解すべき他者として捉える必要性を強調する。ヨーロッパ文化圏外からの西洋哲学研究は,人類学者の立場で実践されなければ意味をなさないという考え方をとっている。

1952年生
1977年 京都大学文学部哲学科哲学専攻卒業
1984年 京都大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程修了
1986年 香川大学教育学部助手
1988年 香川大学教育学部助教授
1989年 名古屋大学文学部助教授
1991年 ピッツバーグ大学科学哲学センター客員研究員
1992年 プリンストン大学哲学科客員研究員
1997年 名古屋大学文学部教授
2000年 名古屋大学大学院文学研究科教授

宮原勇(MIYAHARA Isamu)

現代哲学を現象学や解釈学を中心に広く研究している。
特に最近の研究テーマは、《言語と認識》であり、フッサールの現象学的言語理論を認知言語学の最新の展開の下に再検討する作業を続けている。
もともと、フッサールの現象学ばかりではなく、人間存在の実存分析を中心としたハイデガーの存在論やガダマーの哲学的解釈理論、そしてハーバーマスのコミュニケーション哲学を研究してきていて、そのような射程の下に言語コミュニケーションの現象学を構築することを最終的な目標として目指している。

1955年生
1979年 京都大学文学部哲学科(哲学専攻)卒業
1982年 同大学大学院文学研究科修士課程哲学専攻(哲学)修了
1985年 同大学大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻(哲学)研究指導認定退学
1985年 愛知県立大学文学部講師
1988年 同助教授
この間(1993-1994)アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学研究員として
ドイツ連邦共和国ヴッパタール大学に留学
1995年 同教授
1998年 愛知県立大学外国語学部教授
2008年 名古屋大学大学院文学研究科教授

第三十三回研究大会のお知らせ

本年度の研究大会ならびに総会を下記の通り開催いたしますことをお知らせいたします。
日時:2017年4月8日(土)13:00より
会場:名古屋大学文学部127講義室, 128講義室

13:00~13:20 若手研究発表:渡辺亮(名古屋大学大学院博士前期課程)
ソシュールの言語学とメルロ=ポンティの言語論の共通点

13:20~13:40 若手研究発表:山田澪(名古屋大学大学院博士前期課程修了)
作家ティム・オブライエンと『パイドン』の知恵の貨幣について

13:40~14:00 川里卓(名古屋大学大学院博士前期課程修了)
ベルクソンにおける持続の二つの特徴 -メルロ=ポンティの考察を通して-

14:00~14:20 加藤皓士(名古屋大学大学院博士後期課程)
『存在と時間』における本来的現存在に属する無性の意味について

14:30~15:10 研究発表:城田純平(名古屋大学博士研究員)
ハイデガーにおける死と公共性の問題   

  

15:10~15:50 研究発表:岩佐宣明(愛知学院大学准教授)
デカルトにおける自己認識の正当化   

16:00~17:15 講演:川田稔(名古屋大学名誉教授、日本福祉大学教授)
総力戦の衝撃 ー永田鉄山の軍事戦略構想ー

17:15~17:30 委員会

17:30~18:00 総会

18:00~ 懇親会(南部生協2F 彩にて)

その他、詳細につきましてはメールにてお問い合わせください。

論集

名古屋大学哲学会会則

第1条 本会は名古屋大学哲学会と称する。
第2条 本会は哲学研究の進展と普及に努め、併せて会員相互の研究上の連絡と親睦を図ることを目的とする。
第3条 本会はこの目的を達成するために左の事業を行う。
1:年1回の研究大会の開催
2:研究発表会、講演会等の適時開催
3:会報ないし機関誌の発行、配布
4:その他必要な事業
第4条 本会は一般会員、教官会員、特別会員より構成される。
【一般会員】次の①もしくは②のいずれかに該当する者
 ① 名古屋大学文学部・文学研究科哲学研究室に過去に在籍した者、および現在在籍している者
 ② ①以外の、名古屋大学に過去に在籍した者、もしくは現在在籍している者で、入会を希望する者
【教官会員】
名古屋大学文学部・文学研究科哲学研究室、および情報科学研究科(旧教養部)哲学系研究室に過去に所属した教官、および現在所属している教官
第5条 本会は左の役員をおく。
委員:若干名
会計監査:2名
幹事:若干名
第6条 総会は年1回定期的に開き、その他必要があれば臨時に開くことができる。総会は会員の中より委員および会計監査を選出する。また総会は一般報告ならびに会計報告を受ける。
第7条 委員は会員の中より、教官・学生・卒業生、各若干名とする。
第8条 委員は委員会を構成し、総会の決定に従って会の運営について協議決定する。
第9条 委員の中より委員長一名を選出する。委員長は本会を代表する。
第10条 委員の任期は二年とする。
第11条 会計監査は年一回会計を監査する。その任期は二年とし、他の役員を兼ねることはできない。
第12条 幹事は委員会より委嘱され、任期一年とし、本会の事務を行う。
第13条 役員はすべて再任をさまたげない。
第14条 本会の会員は、左に定める年会費を納めるものとする。但し、教官会員の内、過去に所属した教官は、一般会員と同額の年会費を納めるものとする。
一般会員 2,000円
教官会員 3,000円
特別会員 3,000円
第15条 本会則は委員会の決議を経て変更することができる。但し、総会の承認を要する。
(本会則の第4条および第14条は、2003年4月19日付で、委員会の決議および総会の承認を経て、一部変更された。)

名古屋大学哲学会役員

【委員】
 委員長:金山弥平
 教員:宮原勇、戸田山和久、布施哲、久木田水生
 卒業生:津田雅夫、山崎廣光、別所良美、山田秀敏、吉田健太郎、加藤泰史

【幹事】
 卒業生:別所良美、三谷竜彦、北野孝志、松井貴英
 院生:城田純平(幹事・会報)、森永駿(会計)、加藤皓士(名簿)、辻春香(広報)

【会計監査】
 岩佐宣明、平田一郎

address: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学文学研究棟3F

e-mail: nagoya.uni.ph [at] gmail.com

thanks for comming!