活動報告(2019年度)

国際研究集会など

講演会・フォーラム

公開セミナー 御伽草子「二十四考」と近世の女子教訓書

日時:2019年6月21日(金) 15:00~17:00

場所:名古屋大学 文学部棟1階大会議室

講師:ケラー・キンブロー 

   (コロラド大学教授)

井波太子伝絵解きフォーラム

日時:2019年6月23日(日)10:30~16:30

場所:井波別院龍泉寺太子堂 (住所 富山県南砺市井波3050)《入場無料》

プログラム:(開場 10:00)

 ◎第一部(午前の部 10:30~12:00)
  聖徳太子絵伝公開フォーラム -井波別院八幅太子絵伝のデジタル複製製作とその活用をめぐって-

 ・絵解き文化と太子絵伝 阿部泰郎(名古屋大学CHTセンター、龍谷大学 教授)

 ・美術史における絵伝と絵解き 村松加奈子(龍谷ミュージアム学芸員)

 ・別院の伝統継承  竹部俊惠(妙蓮寺 住職)

 ◎第二部(午後の部 13:30~16:00)
  絵解き広場 -聖徳太子と善光寺如来の絵伝絵解きを探るー

 ・井波別院太子絵伝絵解き説法 竹部俊惠(妙蓮寺 住職)

 ・聖徳太子絵伝絵解き 郭佳寧(名古屋大学研究員)

 ・「善光寺参り絵図」 小林玲子(長野郷土史研究会)

 ・聖徳太子絵解き-琵琶演奏入りー 梛野明仁(三河すーぱー絵解き座)

(閉会 16:30)

説話文学会2019年度大会 シンポジウム

律をめぐる宗教的環境と説話文学との架橋

日時:2019年6月29日(土)14:00-17:30(受付開始13:30)

場所:名古屋大学東山キャンパス 

   野依記念学術交流館2Fカンファレンスホール

   《参加費無料》

オーガナイザー:近本謙介(名古屋大学)

・「鎌倉期戒律復興の実像-泉涌寺僧が果たした役割」 西谷功(泉涌寺宝物館)

・「南都における宋代新潮仏教の流入と復古」     大谷由香(龍谷大学)

・「称名寺の説話資料と律」             高橋悠介(慶應義塾大学付属研究所斯道文庫)

・「北京・南都における律の展開と交差をめぐる史料と言説」

                          近本謙介(名古屋大学)

コメンテーター:野呂 靖 (龍谷大学)

        土屋有里子(学習院女子大学)

公開セミナー ジョヴァンニ・ベッリーニ作《ディレッティ祭壇画》に関する一考察

講師:須網美由紀(国際ファッション専門職大学・専任講師)

日時:2019年7月7日(日)14:00-16:00

場所:名古屋大学文学部 128講義室 《参加費無料・事前申し込み不要》

公開セミナー 遼・非濁撰 『新編随願往生集』にみる往生

       -真福寺蔵『桑門戒珠集往生浄土伝』を中心にして-

日時:2019年7月19日(金)15:00~17:00

場所:名古屋大学文学部棟1階 大会議室

講師:李 銘敬 (中国人民大学教授)

絵ものがたり絵解きがたりー平野に伝わる聖徳太子絵伝ー

日時:2019年7月27日(土)10:00~17:00(開場9:30)

会場:一部・二部 杭全神社 瑞鳳殿 大阪市平野区平野宮町二丁目1-67

   三部    全興寺 本堂   大阪市平野区平野本町四丁目12-21

プログラム

一部 10:00~12:00

   絵ものがたり 講座「聖徳太子絵伝」 阿部泰郎 (名古屋大学CHTセンター、龍谷大学教授)

                     沖松健次郎(東京国立博物館主任研究員)

                     大澤研一(大阪歴史博物館学芸員)

                     村松加奈子(龍谷ミュージアム学芸員)

二部 13:00~15:00

   絵解きがたり お軸の前で「絵解き」実演

                     末松美咲(名古屋大学研究員)

                     梛野明仁(三河すーぱー絵解き座座長)

                     郭佳寧(名古屋大学研究員)

                     桝田栄伸(三河すーぱー絵解き座座員)

三部 15:00~17:00

   特別公開 全興寺秘仏 「聖徳太子稚児像」御開帳

入場無料【一部と二部は要予約】

人類文化遺産テクスト学研究センター 公開セミナー

日時:2019年7月28日(日)14:00-17:00

場所:名古屋大学文学部 128講義室

《参加費無料・事前申し込み不要》

プログラム:

「ゴシックの誕生とサン=ドニにおける《古典主義》」 

 木俣元一(名古屋大学大学院人文学研究科・教授)

「ミケランジェロの芸術における古代美とキリスト教信仰」

 百合草麻里子(東京藝術大学・学術振興会特別研究員PD)

古代エジプトにおける環境と人の営みーアシュート遺跡とカンティ-ル遺跡の事例から

日時:2019年10月2日(水)16:30~18:00

場所:名古屋大学文学部棟1階 110大会議室

講演:北川千織(ヨハネス・グーテンベルグ大学マインツ研究員)

前へ
次へ