異端とその宗教的言説―日本と西欧の比較史学の試み

日時:2019年3月4日(月) 9:15~18:00

       3月5日(火) 9:30~13:00

場所:名古屋大学 文系総合館7階カンファレンスホール

プログラム

3月4日(月)

9:15 開会挨拶 佐久間淳一(名古屋大学人文学研究科長)

9:25 開会挨拶 阿部泰郎 (人類文化遺産テクスト学研究センター)

9:30 問題提起 ロイック・ショレ(ヌーシャテル大学)

9:40 基調講演 魔女狩りと人民ージュネーブの例

         ジャン₌ダニエル・モレロ(ヌーシャテル大学)

         ディスカッサント:近本謙介(名古屋大学)

10:40 休憩

10:50 セッション① 異端と教理と信仰

         ディスカッサント:高橋悠介(慶應義塾大学斯道文庫)

10:50     悪魔崇拝の陰謀と不振心者の境界線

              ―理論的概念と実践の進化(ヌーシャテル伯爵領、15~16世紀)

        オリヴィエ・シルバーシュタイン(ヌーシャテル大学)

11:40     "邪義""邪見"の記号論―中世密教僧の"立川流"理解

         亀山隆彦(龍谷大学)

14:00 セッション② 異端と偶像崇拝

         ディスカッサント:阿部泰郎(名古屋大学)

14:00      異端のイエズスーユダヤ教から見たキリスト教

         ダニエル・バルビュー(フランス国立科学研究センター)

14:50      異端となった仏教ーイエズス会演劇の中で演じられたカミとホトケへの儀式

         小俣ラポー日登美(パリ社会科学高等研究院、宗教学研究所)

15:40 休憩

15:50 セッション③ 異端の生活

         ディスカッサント:ポール・スワンソン(南山大学)

15:50      古代ギリシャにおける禁欲と周縁

         フィリップ・ボルジョー(ジュネーブ大学)

16:40     六道輪廻と草木悉皆成仏思想

         伊藤信博(椙山女学園大学)

17:30 全体討論

3月5日(火)

9:30 基調講演 中世神道と異端

         伊藤聡(茨城大学)

         ディスカッサント:ラポー・ガエタン(名古屋大学)

10:30 休憩

10:40 セッション④ 異端と権力

         ディスカッサント:中原香苗(神戸学院大学)

10:40      不信心者への十字軍、異端への十字軍そのイデオロギーの違い

         バランタン・ポルトニッヒ(ノヴォシビルスク大学)

11:30      異端としての暴君 13~14世紀の教皇と暴君批判

          シルヴァン・パラン(高等師範学校リヨン支部)

12:20 総合討論 司会:阿部泰郎

13:00 閉会

2019030405異端国際研究集会」.tif

Poster Nagoya Hérésie 2019.03_01.jpg

   

         

       

前へ
次へ